薄毛になってしまう原因
2017.07.26

白衣の男性薄毛になる原因の多くは、生活習慣や、遺伝などと言われております。しかし、男性と女性の薄毛の原因は異なります。そのため、何が原因で薄毛になっているのかを把握し、薄毛治療に臨みましょう。
さて、男性の薄毛になってしまう原因とはどのようなものなんでしょうか。男性の多くは、AGA(男性型脱毛症)と言われています。原因は男性ホルモンのバランス変異により、その原因は遺伝や、ストレス、生活習慣、紫外線などあらゆることが考えられます。昔は、家系で薄毛になるなどと話していたこともありますが、そのような簡単なものではなく、そのほかにも原因があります。
一方、女性の場合はどうでしょうか。女性の場合は、薄くなってきたという印象より、全体的に髪のボリュームが無くなってきたという印象から、気づいてきます。男性同様、ストレス、生活習慣、紫外線もありますが、女性ホルモンとのバランス、更年期障害など、男性にはない原因もあると考えられています。原因が沢山ありますが、薄毛の改善は男性同様できますので、安心してください。
共通の原因となるのは、生活習慣です。暴飲暴食、睡眠時間の不足を重ねていると、髪を作る為に必要とされるビタミンやミネラルは日常の生活では十分に摂取出来ない事が多く、これらを十分に摂取する妨げになります。体が肥満になってくると老廃物が排出しづらくなり、体全体からの体臭、べたつきや脂っぽさが出てきます。
これは、頭皮に関しても同様です。これらの脂が、薄毛につながっていくのです。そして、次にストレスです。現在の世の中でストレスを感じないで生きていくのは困難です。ストレスを感じないように生活していきましょうと言われても、無理に等しいです。ストレスは、心や体に悪影響を及ぼし、自律神経やホルモンバランスを崩します。男性ホルモンが減少し血流が悪化すると、毛根に必要な栄養分を運ぶことが出来ず、髪の毛にコシが無くなってきます。そして、早く成熟期がきて抜けてしまうという事になります。
なぜ、自分は薄毛になってしまったのだろうと考えることが大切で、これが薄毛の改善へと繋がります。食生活の見直し、タバコ、睡眠を十分にとる。などできることはたくさんあるはずです。悩んでいるよりまず行動です。また、AGA治療は発達し発毛は東京で簡単治療できます。一人で悩まず、発毛治療を東京でできるクリニックに出向いてみてはいかがでしょうか?

▲ ページトップへ