発毛に有効な成分について
2017.07.26

親指を立てる男性市販の育毛剤やシャンプーのキャッチコピーについては、本当に!?と思う事も沢山書かれています。○○1000mg や○○の成分入ってます。天然成分の○○エキスが大量に含まれています。やミノキシジル配合などと過剰なアピールが沢山なされています。しかし、そもそもその成分て自分に効果があるの!?という問題があります。そもそも発毛治療には、ミノキシジルやフェナステリドは効果があるとされています。ミノキシジルはもともと高血圧の時に処方されていた血圧の薬で、使用した人の多くに髪の毛が増えるという症状が得られたことから発毛薬として使われるようになりました。ミノキシジルは、一般的に頭皮へ塗布する方法がとられています。リアップ・ロゲイン・カークランドなどの医薬品があります。
また、メソセラピーという方法があります。発毛治療でクリニックへ出向けば、頭皮に直接注射をするメソセラピーを受けることが出来ます。薄毛の原因となる毛根に対し直接注射を打つことで、薄毛の改善が直接効果が得ることが出来ます。早く効果を得たいときにはメソテラピーが効果的です。また、内服薬もあります。ミノキシジルタブレットというものもあります。副作用の危険性があり、日本では認可されていない薬になります。
フェナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)で男性ホルモンの生成を抑え男性ホルモンによる脱毛の作用を抑制する作用があります。AGAの治療薬として、発毛クリニックでは主流で、薄毛や抜け毛進行抑制に使われています。AGA治療に効果的とされています。フェナステリドを含んでいる薬は、プロペシア、フィンペシア、フィンカー、プロスカーなどが挙げられますが、日本では、唯一プロペシアが厚生労働省より認可されています。薬局などに市販はされておりませんが、発毛クリニックで処方を受けることが出来ます。フェナステリドは副作用が少ないといわれておりますが、胃の不調や性欲減退などの副作用が報告されています。
また、フェナステリドを飲み始めてすぐにおこるものが、生えている髪の毛が抜けてしまうという事がありますが、正常な発毛サイクルを戻すという事で必要な事となります。そして、男性ホルモンを抑制させるための薬になるので、女性には使えません。元々前立腺などの治療に開発された薬という事もあるため、絶対に女性には服用してはならないとされています。人によって副作用が出るものが異なりますので、薬を服用するときなどは専門医に相談してみましょう。発毛治療は東京で探すと沢山あります。

▲ ページトップへ