発毛のための体質改善について
2017.07.26

メモを取る女性AGAの原因として生活習慣が挙げられることが良くあります。その一つは、食生活です。本来健康であれば、薄毛に悩むことが無いはずですが、毎日必要以上に抜け毛があり、不安な状態になった場合、一度食生活の見直しを考えてみてはいかがでしょうか。必要以上の抜け毛は、栄養バランスが悪く食生活が原因とも考えられます。長年不規則な食生活を送ってきた結果、栄養バランスの悪さが蓄積し、本人の知らないうちに、髪の毛が育ちにくい体へと変化してしまうという事です。もしそれが原因であれば、髪の毛の育ちやすい体質へと食生活を改善すればよいのです。
間食や夜遅くの食事もそうですが、コンビニ弁当やファーストフードが食事の主流にはなっていませんか?そのような食事をずっと続けていると、バランスの悪い食生活の蓄積で体が変化してしまいます。体質改善ということであれば、食生活の規則正しい食事のとり方や、栄養面を気にして食事をとるという事はもちろんですが、それに加えて、タバコを吸っている人であれば、禁煙をすることや、運動がほとんどできていない人に関しては、運動をするという事を心掛ける必要があります。これらの事をトータルで行う事により、徐々に体質が変化してくるのです。
髪の毛が育ちにくい体質というものがあります。一つは、貧血の体質であるという事です。血液中に鉄分が不足していて、摂家休が少なく薄い血液になっているという事。二つ目は、血行が悪い体質という事です。血液の流れが悪くなり、頭皮や全身に十分な血液が行き届かないという状態です。三つ目は、炎症体質という事です。体内で炎症を起こして、特に暑がりや汗かきに多く、最も薄毛になりやすいとされています。これらの3つのタイプで自分にあてはまる項目はありますか?まずは、間食をせず髪の毛にとっても必要な栄養素を摂取し、脂っこい食事は避けるという事が必要です。この食事によって、体質改善がなされれば薄毛の改善の他にも、便通が良くなったり、体力が出てきたり、以前の自分とは違うような感覚になります。
とはいっても、体質改善には一定の時間はかかります。すぐに効果が出ないので、挫折してしまう人が多いと思いますが、そこは頑張ってほしいものです。人の体は、新陳代謝が行われ、少しずつ新しい細胞が出来ています。全ての細胞はある一定期間が経つと新しく生まれ変わります。それらを踏まえて、発毛治療に効果的な期間は3ヶ月から6か月程度は体質改善に必要な年月と考えられます。

▲ ページトップへ